森田カイロ公式ブログ

副腎疲労②

副腎はストレスと戦うホルモンを分泌するところです。

この副腎が疲れてくると、

 

コルチゾール(ステロイド)

 

が作れなくなっていきます。

こうなるとストレスに対抗できなくなり
うつ状態や疲労感が抜けなくなったり

前回の記事のような症状が出てくることがあります。

 

人がストレスを受けると

副腎はそれに対処するために

盛んにコルチゾール(ステロイド)を生産します。

 

コルチゾールの働き

 

炎症を抑えてくれます。

免疫力を下げます

脂肪の分解を促進します

脈拍や血圧を上げて運動機能を増幅し脳を覚醒する(交感神経を上げる)

 

要は

日常におけるイレギュラーじに対応するべく出てきてくれるもので

睡眠に必要なメラトニンとは相反するものです。

それ以外にも
体内時計や自律神経系の働きと同調しており、

一般的にコルチゾールは一日のうち、

朝(起床直前から起床後一時間程度の間)に特に多く分泌されます。

 

これは、起床と共に交感神経を刺激して、

血圧を上昇させることで、

体が素早く活動出来るようにさせるためと考えられます。

 

そんなコルチゾールが過剰に分泌される状態が続くと

副腎が疲れ果ててコルチゾールを作れなくなり

ストレスと戦えなくなります。

そうなると

 

筋肉痛が治りにくい

虫刺されの腫れが残る

アレルギー反応が出やすくなる

睡眠障害が出やすくなる

感情の起伏が激しくなる

思考力記憶力の低下

 

などの症状が出やすくなります。

 

コルチゾールとメラトニンは相対するホルモンです。

コルチゾールが活動 メラトニンが睡眠 そんな感じです。

 

コルチゾールが夕方以降に出てくると不眠になります。

コルチゾールが作れなくなると

血糖値をあげれなくなるので「低血糖」になり甘い食べ物が欲しくなります。

それともうひとつ大事なのが

副腎といえば

若返りホルモンであるDHEAも副腎で生産されます。

 

このホルモンは、その人の性別に関わらず

男性ホルモンや女性ホルモンに変化するものなんです。
女性の場合は唯一体の中で男性ホルモンを作っている場所が副腎です。

 

つまり

 

副腎は第二の男性ホルモン女性ホルモンの生産地です。

そして

 

男女ともに性欲に影響を与えるのは男性ホルモンです。

 

ということは、

 

今時の草食系やセックスレスは

男性ホルモンが足りなくなっている可能性が高い ということ。

 

副腎疲労になると

 

ストレスに対するコルチゾールを優先して生産するため
男性ホルモンやDHEAの生産も低下してしまうんです。

これはどえらいことです。

 

副腎疲労 でお困りでしたら

今すぐ森田カイロプラクティックにお電話ください。

 

077-533-1200

 

 

当HPにて来院された方にのみお教えしていた「自分で自律神経を整える方法」を掲載中です。

 

森田カイロのHP

森田カイロプラクティック

滋賀県大津市粟津町5-9

MAIL mrtchiro59@mail.goo.ne.jp

AD
いいね!した人
|
コメント(0)

 


AD


Amebaおすすめキーワード


  • 次へ

  • 前へ

  • コメント
    する

  • 記事一覧

  • 上に戻る

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド
もっと見る

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。











new window.amb.adcross()
















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です