本文へスキップ

慢性疲労症候群(CFS)を何とか治療したい人の為の対処と対策。

風邪をひいたと思ったけど微熱がずっと下がらない 疲労感が強く、寝ても寝ても疲れが取れない・・・今までだったら寝ていれば良くなったのに今回はちょっと違うみたい・・・ それが慢性疲労症候群 慢性疲労症候群の原因と対策

慢性疲労症候群(CFS)について

 原因不明の強度の疲労が6か月以上継続する病気で
 「慢性疲労免疫不全症候群」と言う名前で呼ばれることもあります。

 主な症状は
 身体及び思考力両方の激しい疲労、微熱 ・咽頭痛 ・頸部あるいはリンパ節の腫張・原因不明 の筋力低下・思考力の低下・関節障害 ・睡眠障害。それに血液検査を含む全身の検査を受けて も他の病気が見つからず、精神疾患も当たらない場合に初めて疑われる病気なんです。
 ちなみに

 気分障害(双極性障害、精神病性うつ病を除く)、不安障害、
 身体表現性障害、線維筋痛症は併存疾患として扱うので除外はしません。

 細かく検査をすると、
 神経系、免疫系、内分泌系などに異常が認められる場合もあるようです。

 基本的には上にも書いたように
 日常生活を著しく損なうような強い疲労が主な症状で、
 他の細かい症状で多いのが 
 微熱や悪寒 のどの痛み 首や脇のリンパの腫れなど。

 実際にこういう
「風邪っぽい症状」があるが故に、
 本当に風邪が長引いてると感じる方も多いようです。

 他にも
 筋力低下 筋肉痛ちょっと動いただけでもその後に1日以上の全身の倦怠感
 頭痛 まぶしさ 健忘 興奮 昏迷 思考力低下 集中力低
 下鬱状態 不眠 過眠 などなど。
 他にも脳の広い範囲に炎症があることも分かってきているようですね。

 この様に色々な症状をもたらすものではありますが、
 現在の医学的には「原因不明」と言われているものの一つです。

間違えてはいけない慢性疲労症候群についての注意点

 注意@
 
慢性疲労症候群慢性疲労は別物です。

 疲労が蓄積すると、脳から休息をとるようにシグナルが出されます。

 「慢性疲労症候群」の場合
 このシグナルが過剰に出されることで大した負荷ではないのに
 激しい疲労感に襲われる日が継続する状態です。
休むだけでは治らないものです。

 逆に
休息を取れば治るのが「慢性疲労」
 ここが、「慢性疲労症候群」と「慢性疲労」の異なる点です。

 ただ、「慢性疲労なら問題ない」という訳でもありません。
 「慢性疲労」自体は様々な病気にかかわるものなので、
 これはこれで注意するべきところですね。

 注意A
 慢性疲労の他の症状はないけど、疲労感だけが強いときに疑うべき症状
 慢性疲労症候群の症状はないけど、慢性疲労状態である場合、
 これはこれで他の病気に繋がる可能性があります。

 「慢性疲労っぽいからいいや」ではなく、
 そこはそこでちゃんと注意してくださいね。
 とりあえずほかの可能性だけでも挙げておきます。

 糖尿病 肝臓病、腎臓病、貧血、心不全、甲状腺機能低下(橋本病)
 膠原病、がん、うつ病をはじめとする様々な精神疾患

 こんなところです。

 ちなみにこの慢性疲労症候群というのは医学的に原因不明といわれているだけに
 具体的な治療法も確立されていないといわれております。



慢性疲労症候群(CFS)と漢方

 実際に医療の現場でよく使われる方法としては


 「漢方の投薬」がメジャーです。

 漢方は改善を確証するものではありませんが
 これによって改善された方がいるのは間違いないようです。



慢性疲労症候群(CFS)について分かってきたこと

 最近では様々な研究の結果
 慢性疲労症候群の起こる仕組みが少しずつ分かってきたところもあります。


 私たちの身体は、
 自律神経系、ホルモン系、免疫系の3つがバランスを保って働いています。

 ところが、
 ストレスをきっかけにして自律神経の働きに異常が生じ
 免疫の働きが低下すると、体内に潜伏していたウィルスが再活性化されます。

 そして、
 再活性化されたウィルスを抑え込むために
 体内では免疫物質が過剰に作られるようになります。

 この過剰な免疫物質が脳の働きに影響を及ぼし
 強い疲労かんや様々な症状を起こす。


 というのが有力な仮説です。


慢性疲労症候群(CFS)を何とか治療したい人の為の対策対処&提案

 そこでこの場合どういう事が改善に必要になるのか?
 そこで考えられる改善のための提案です。

 提案@
 きっかけであるストレスのケア
 提案A
 免疫の中心である腸の働きを改善させ、
 腸内環境を良いものに作り替えてそもそもの免疫力を上げる

 @に関して
 そもそものきっかけになるストレス
 (精神的肉体的環境の変化遺伝子組み換え食品や添加物や薬)
 に対してそれぞれ対処していくことで、
 そもそもの免疫力を低下させるきっかけを無くしていく方法です。

 睡眠の充実やメンタルケア、回復しやすい日常生活の工夫、食事の改善、
 これらのことでもそもそものきっかけを減らすことはできるでしょう。

 Aに関して

 整体的に腸の働きを活性化させるとともに食事面の改善を図るというものです。
 こうすることで腸の働きが回復し、腸内環境も改善し、
 免疫力も落ちにくく上がりやすくなり、
 ウィルスが再活性化されないようになるでしょう。


 きっかけのストレスに対処したり、減らしたりしながら
 免疫力を上げていく訳ですから改善する可能性は非常に高いと思います。


ここでちょっと気になる事が。

 このHPを隅々まで読んでくださった方なら気付くと思います。
 この対処の方法って
 
副腎疲労症候群やリーキーガット症候群の対処法と同じなんですよね。


 副腎疲労症候群の場合
 ストレスによりコルチゾールの生産が追い付かなくなり
 副腎疲労症候群の症状が出るという事です。

 リーキーガット症候群の場合
 精神的ストレスや食生活、薬の利用により小腸が炎症を起こし
 アレルギーや精神疾患に似た症状や様々な症状が出るという事です。


 
慢性疲労症候群=副腎疲労症候群=リーキーガット症候群=精神疾患
 と言っているわけではありません。

 
 ですが大きく見ると
 これらの症状のきっかけに多少の差はあれど、大きな差はなさそうですし
 慢性疲労症候群だけで起こっているというよりは
 慢性疲労症候群の方は副腎疲労も併発しているでしょうし、
 リーキーガット症候群も併発している可能性も十分にありますよね。

 どうしてそれぞれの反応に差が出るのかは正直分かりません。
 それこそ私個人の勝手な想像でお話しますが
 生まれ持った「個性」や
 親から受け継いだ環境の差(食生活や生活リズムも含む)の結果
 なのかもしれません。

 ただ、どの症状にしても共通するのは
 食生活の改善と、腸の働きの改善と、ストレスケア
 この3つが症状の改善にキーワードになる事は間違いなさそうですね。

 そしてこれらの症状に共通しているのは
 精神疾患のような症状があるということです。
 
 ということは、自律神経系の症状をお持ちの方にとっても
 これらの対処法は充分有効に働く可能性が高いという事ですね。


 森田カイロプラクティックでは
 精神的なストレスのケアやその時の対処の方法(メンタルケア)
 身体の疲れや自分でできる対処の方法(身体のケア)
 環境の変化への対処の方法
 食生活の改善の方法
 小腸をはじめその他内蔵の働きを活性化させる施術
 これらを提供することが出来ます。
トライアルキャンペーン実施中 今月末までにご予約いただくと・・・初めての方(約60分)WEB限定2160円OFF 通常10800円(税込)が8640円(税込)(初見料2160円+8640円)
どこに行ったらいいか分からない・・・。そんな方でも大丈夫です!まずは気軽にお電話でご相談ください! ここをタップすると電話がつながります 予約優先制 077−533−1200