本文へスキップ

森田カイロプラクティックは滋賀県大津市石山の自律神経とめまいの専門整体です。

強迫神経症の人が「カギの確認」を減らす方法HEADLINE

鍵かかかっているのか不安で仕方がない 途中まで出たのに、不安でまた戻ってしまう 何回も繰り返して遅刻してしまう事も… そんな強迫神経症のあなたでもカギの確認を減らす具体的な方法
はてなブックマークに追加

カギの確認を止めたい。

 強迫神経症の方で多いのが
 「カギをかけたか不安で何度も戻って確認してしまう」
 という行為です。

 カギをかけなかったのでは?という不安から
 途中まで出かけていたにもかかわらず
 家まで戻って確認してしまう。
 酷い人になると、
 これを何度も繰り返してしまう事もありますし、

 今カギをかけているのに、不安感もあって
 何度もガチャガチャしてしまう事もあります。

 この不安感によって、
 日常生活にかなり支障をきたしている方も多いので
 ここでは
 「カギの確認をなくす方法」を書いていきます。

 その前に

確認する行為自体が不安を増やしている

 カギの確認をすることで不安感を無くす。
 ということがこの行為の元です。

 頭では分かっていても、不安感が強くて辛いので
 その不安感を抑えるための行為として
 確認をするわけです。

 カギがかかっているかどうかは問題ではなく
 
一時的に不安をなくすための行為でしかないという事。

 で、その不安感の元になっている一つの要因が
 
「カギをかけた物的証拠がない」ということです。

 どうせ不安を無くすなら、
 ひたすらガチャガチャするのではなく
 物的証拠を作ろうという話です。

具体的にカギの確認作業を減らす方法

 準備するもの
 スケジュール帳やメモ帳とペン 
 或いは スマホのカレンダー機能でも可

 方法
 
@まずカギをかけます。
 Aその後でメモ帳やスマホに
  「○月○日〇時〇分に玄関のカギをかけた。」
  と書く。

 
B出かけると途中で不安になるが、
  その紙やメモがあるという事は、
  100%絶対にカギをかけています。
  なので
  不安感を押し切って出かけてください。

 
Cこれを続ける事
 以上

これをやって結果どうなるのか?

 確認する回数が確実に減ります。
 実際に帰った時に確認しても
 カギは絶対にかかっています。

 そういう経験を何度も積み重ねることで
 不安があったとしても「書いてあるし問題ない」
 という状況が増え
 カギのことをメモすることが面倒になってきます。
 「メモするくらいならもう確認なんかいらんわ」
 となってきます。

 そして
 何度もカギを確認することが無くなっていきます。
 是非一度お試しください。

トライアルキャンペーン実施中 今月末までにご予約いただくと・・・初めての方(約60分)WEB限定2160円OFF 通常10800円(税込)が8640円(税込)(初見料2160円+8640円)
どこに行ったらいいか分からない・・・。そんな方でも大丈夫です!まずは気軽にお電話でご相談ください! ここをタップすると電話がつながります 予約優先制 077−533−1200