本文へスキップ

滋賀県大津市のめまいと自律神経の専門整体。森田カイロプラクティックです。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.077-533-1200

自律神経失調症のことを私なりにできるだけわかりやすく書いてみました 最低限以上のことがこの1ページで分かります 自律神経失調症について

自律神経失調症とは

 

そもそも自律神経とは


 自律神経というと「精神的なもの・・・?」のようなイメージを持たれている方が
 非常に多いようですが、そうではありません。
 自律神経は実際に体にある神経です。

 そして一つの特徴として、
 「自分の意志で動かせないもの」は基本的に自律神経が支配しています。
 (例外アリ)

 例えば・・・
 「いま、腕を挙げてください」と言われれば、
 腕をあげることはできますよね。
 それと同じように

 「いま消化してください」と言われてもできませんよね。

 これと同じようにほとんどの内臓は自分の意志では動かせません。
 つまり自分の体のことで、自分で意識してできないことをしてくれている神経が
 自律神経と言われているものです。

 そんな自律神経には

 交感神経
と呼ばれるものと副交感神経と呼ばれるものがあります。

交感神経とは

 交感神経とは
 昼間や活動するときに優位になる神経です。
 他には興奮するときや肉体的精神的ストレスにかかっているとき、
 怒り、悲しみ、不安、驚き、緊張等のときに優位になる神経です。

 「エネルギー発散型」 
 交感神経が優位になったときの身体の変化 瞳孔は散大 心臓は血圧心拍UP 血管は収縮 汗腺は発汗 立毛筋は収縮鳥肌が立つ 胃は活動抑制 小腸は運動制限 副腎はアドレナリン分泌 肝臓はグリコーゲン分解 膀胱は排尿抑制 

 交感神経が優位になりすぎると
 動機・息切れ・めまい・息苦しさ・頭痛・不眠・イライラ・冷え性・肩こり
 などの症状になりやすくなります。

 交感神経の場所
 胸椎1番から腰椎2番
 簡単にいうと首の付けねから腰の辺りまでです。

副交感神経とは

 副交感神経とは
 夜や休息するときに優位になる神経です。
 リラックスしているときにも優位になります。

 「エネルギー貯蓄型」
 
 副交感神経が優位になったときの身体の変化 瞳孔は縮小 心臓は血圧脈拍DOWN 血管は拡張 胃は活動促進 小腸は活動促進 肝臓はグリコーゲン合成 膀胱は排尿促進

 副交感神経が優位になりすぎると
 心拍数や血圧を下げ胃液や唾液の分泌が高まり
 血管も拡張し手足も暖かくなるでしょう。

 副交感神経の場所
 副交感神経は迷走神経ともいわれ、

 脳と胸腹部の内臓を直結しています。

交感神経と副交感神経の関係

 交感神経と副交感神経の関係を簡単に言うと
 シーソーのような関係です

 交感神経と副交感神経の関係を表した図 
 
 ポイントとしては
 基本的には交感神経と副交感神経が同時に上がり下がりすることはありません

 もう一つのポイントは
 交感神経の方がより優位に働くということです。

 そもそも交感神経とは興奮時や活発に動くときに優位になる神経です。
 他にもストレスを受けたときにも優位になります。

 例えば、
 嫌な上司が近づいてきたときや、怖い先生に急に名前を呼ばれたとき
 怖い映画を見ているとき、人前で発表をするとき
 或いは角を曲がったときに思いがけずに人がいたとき等もそうです。
 突然のことや緊急事態では交感神経が優位になるようになっています。

 何故そうなっているのかというと・・・

 人間も動物です。
 仮に・・・
 草食動物が餌を食べた後、お腹がいっぱいだからといってリラックスしているとき、
 近くに天敵が迫ってきた瞬間「リラックス中なので急には逃げれません。」
 という状況になってしまうと草食動物はアッという間に食べられてしまいます。

 自律神経は「生きていくための神経」です。
 緊急事態のときはそれまでのリラックスを跳ね除けて
 交感神経が優位になるようになっているのです。
 そしてそのときの危険から身を守るのです。

 人間も身体に危機が迫ってきた場合は交感神経が優位になってしまうのです。
 なので副交感神経よりも交感神経のほうが優位に働くのです。

自律神経のパターン@

 これは普通の状態の交感神経と副交感神経の働きです。
 夜に眠れて朝に目覚め、昼間に活動です。
 まったく問題ありません。
 
 交感神経と副交感神経の図@ 
 自律神経の働き
 昼は交感神経が優位に働いています
 夜は副交感神経が優位に働いています。
 問題ナシです。

自律神経のパターンA

 仕事が遅くまで立て込んでいたり何か考え事があったのでしょうか。 
 夜に下るべき交感神経が下っていません。
 その結果副交感神経も上がることができずに、睡眠の質も悪いです。
 身体が休めていない状況です。
 この状態だと、次の日に疲れを持ち込むことになりそうです。
 まだこの状態が短ければ、日中の行動にも支障は少ないかもしれません。
 
 交感神経と副交感神経の図2
 自律神経の働き
 交感神経が下りにくいようです。
 副交感神経も上がりにくいようです。
 ですが、交感神経と副交感神経の働く時間にズレはありません。
 短期間なら問題ないでしょう。


自律神経のパターンB

 これは夜に寝付けずに、朝方が異常にだるい状態。
 昼間は当然仕事や家事などでゆっくりすることができず、
 昼過ぎから夕方にかけてやっと目が冴えてきている状態です。
 そしてまた眠れない夜が続きます。
 これは危険信号です。
 
 交感神経と副交感神経の図3 
 自律神経の働き
 交感神経と副交感神経の働く時間がズレてきています。
 あるいは完全にずれている状態。
 夜にかけて交感神経が優位になっているので、夜に副交感神経が働きにくい状態。
 よくない傾向。悪循環の傾向アリ。

自律神経のパターンC

 一日中だるさが抜けず、行動する体力も希薄。限界が近いでしょう。
 中にはコーヒーや甘い物で一時的に頑張ってしまう人も。
 夜は眠れず朝は早くに目が覚めます。その間も何度も目を覚ましているかもしれません。
 こうなるとエネルギーも不足し、かなり大変な状況です。しっかり休養をとるべきです。
 疲れきった身体を休ませるべきです。

 交感神経と副交感神経の図4
 自律神経の働き
 完璧にバランスを崩している状態です。
 交感神経が異常に優位になってしまい副交感神経が優位になれない状況です。
 本来の働きがまったくできていません。
 回復に非常に時間がかかることもあります。


自律神経失調症とは

 日本心身医学会によれば、自律神経失調症とは
 「種々の自律神経系の不定愁訴を有し、しかも臨床検査では気質的病変が認められず、
 かつ顕著な 精神障害の無いもの。」と暫定的に定義されています。
 これはどういうことかというと、
 
「精神障害がないのに、自律神経のバランスが崩れているような症状が出る。
 でも実際に検査しても原因となるものが認められない。」

 ということです。

 
症状

 うつ病・自律神経失調症・パニック・不眠・寝つきが悪い・途中で目が覚める・
 目覚まし時計よりも早く目が覚める・とにかく眠れない・朝起きても疲れている・
 疲労感が抜けない・食欲不振・ノドの違和感圧迫感・味覚異常・胸が詰まる・
 飲み込みにくい・呼吸がしにくい・息苦しい・腹部膨満感・胃の不快感・残尿感・
 頻尿・生理不順・インポテンツ・ほてり・冷え・イライラ・不安感・意欲低下・
 焦燥感・原因不明の微熱・頭痛・頭重・めまい・耳鳴り・慢性疲労・慢性の肩こり
 腰痛・・・などなど

 交感神経が優位になりすぎることが原因

 そして交感神経が優位になる理由は
 解消し切れていないストレスにさらされているからです。
 そして解消されないストレスにさらされることによって
 交感神経はドンドン優位になっていきます。

 その結果、
 副交感神経は優位になることが出来なくなってきます。
 回復するときに優位になるべき副交感神経が優位になれないまま夜を向かえ、
 睡眠の浅いまま、必要な回復も出来ないまま朝を迎えます。


 睡眠とは前の日の疲れを取るものでもありますが
 次の日のためのエネルギーを蓄えるためのものでもあります。
 睡眠は体が本来持っている、回復するための最も有効な行為です。
 
 その睡眠の質が悪くなるということは、
 前の日の疲れが残り、次の日のためのエネルギーが蓄えられないということ。
 
 結果、睡眠の質はかなり悪いものにまります。
 
 この状態が一日だけならまだしも、毎日毎日続いていくと
 徐々に交感神経が優位になりすぎていき、回復がおろそかになりながら
 ストレスの器も徐々に溢れ出してくるのです。
 結果、自律神経のバランスが崩れていくんです。
 
 その睡眠の質が悪くなるということは、
 前の日の疲れが残り、
 次の日のためのエネルギーが蓄えられないということです。
 
 結果、睡眠の質はかなり悪いものにまります。
 この状態が一日だけならまだしも、毎日続いていくと
 徐々に交感神経が優位になりすぎていき回復自体がしづらくなり
 ストレスの器も徐々に溢れ出してくるのです。
 同時に自律神経の症状が出始めていきます。

 

ストレスとは


 ここでいうストレスとは、
 皆さんがまず考える精神的ストレスも含まれてますが、それだけではありません。

 精神的ストレスのほかにも身体の歪みや痛み、気温の変化、
 添加物や遺伝子組み換え食品の摂取、排気ガス等 
様々なものが含まれます。

 ※嬉しいこともストレスになり得ます。

 昇進・結婚・妊娠・出産・念願のマイホーム・入学・就職などなど。
 基本的にどれも嬉しいことばかりですよね。
 これらの場合は自分でストレスを自覚していないことが多く、
 症状があっても、「それらが原因である」とはまず考えない方が多いです。
 これらに共通していえることは、
「環境の変化を伴う」ということです。

 いまどきは就職も大変です。
 しかも自分の希望していた会社に就職できたとなれば、こんなに嬉しいことはないはず。
 ですが、それをキッカケに自律神経のバランスが乱れることもあるのです。
 他にも定年退職もそうです。
 悲しいことだけではなく嬉しい事もストレスになり得るのです。
 そしてそれらのストレスは全て一つの器に入っていると思ってください。

 ストレスの器の図 人には色んな種類のストレスがあります。それがストレスの器から溢れると症状が出ます。 
 
 当然疲れは溜まっていきます。
 その状態で「休めないから」といって
 更に仕事や家事や勉強と、疲れを溜めていきます。
 回復できないままの身体では
 そのうち日常の仕事や家事もままならなくなってしまいます。

 動物にとって普段の活動がままならなくなるということは、
 餌の確保や自身の安全がままならなくなるということです。
 これは動物にとって生命の危機であり、死にあたります。
 
 

自律神経失調症の改善に必要なもの

 あなたの身体を守る為に
 体が「ちょっとまって!」と信号を発信しているのです。
 そんな体が発信している信号を無視し続けるとどうなると思いますか?
 
 仮に車で走っていて信号を無視し続けていればどうなるでしょう?
 もちろん事故に遭いますよね。
 信号無視もを一回なら大丈夫かもしれない。
 二回や三回もまだ大丈夫かもしれません。
 でも無視し続ければ、いつか必ず事故に遭います。

 そして体は事故に遭わさないために信号をより大きく強く発信します。
 あなたの体を守るために症状として気づいてもらうために現れるのです。
 なので自律神経失調症の症状が出ているあなたに必要なもの、それは
休息です。

 車のレースでもゴールするまでに必ずピットインします。
 放っておくとタイヤはパンクしガソリンも底をつきエンジンも故障します。
 確実に少しでも早く安全にゴールするために、
 もっとっ先に進むためにピットインするんです。

 なので自律神経失調症症状が出ていて辛い時
 あなたの一番の仕事は休息を取ることです。

 ずっと辛いままで良いのなら、そのままでもかまいません。
 あなたの目標が「身体が本当に動けなくなるまで働く。家事をする。勉強する。
 ということならそのままでもかまいません。
 恐らく動けなくなっても本望でしょう。

 ですがもっと先に進みたいのなら、もっと元気になりたいのなら、
 これからも家族を養うのなら、これからも家庭を守るのなら、
 もっと勉強したいのなら、更に趣味に没頭したいのなら

 
休息は今のあなたにとって一番重要な仕事です。

 本来動物ならこのような時はすぐに休息をとります。
 ですが人間の場合は、
 忙しいからと仕事や家事を休まずに頑張り続けます。
 その結果・・・
 体はあなたを休ませるために様々な症状を出して休息させようとします。
 それがあなたの症状の原因です。 
 
トライアルキャンペーン実施中 今月末までにご予約いただくと・・・初めての方(約60分)WEB限定2160円OFF 通常10800円(税込)が8640円(税込)(初見料2160円+8640円)
どこに行ったらいいか分からない・・・。そんな方でも大丈夫です!まずは気軽にお電話でご相談ください! ここをタップすると電話がつながります 予約優先制 077−533−1200