本文へスキップ

自律神経系の辛い症状のお子様をお持ちのご家族の方の為のページです。

辛い症状のお子様をお持ちのご家族の方へHEADLINE

子供や夫や奥様が自律神経系の症状になった場合 もちろん症状を持つ本人が一番しんどいというのは分かりますが 一番そばで見ている家族もかなり疲れるもの そこで家族ができることや注意するべき点

お子様が心配で本当に辛いと思いますが

 自律神経系の症状は
 医学的にも改善させる方法が確立していないこともあり
 一般的に改善に時間がかかることもある症状です。

 もちろん症状をお持ちの本人様が一番つらいとは思いますが
 それを見ている周りの方も先が見えず、
 非常に疲れが溜まるものです。

 特に症状を持っているのが子供の場合は尚のことです。
 子供が学生の場合、
 今後の進路や就職その先のことも含めて
 心配事は尽きないですよね。

 そうやって心配することで
 逆にご家族の方の体調が崩れることもよくあるんです。
 ご家族自身が辛くなりすぎて
 自分の感情が制御できなくなることもあるくらいなんです。



ご家族に余裕がなくなると大変です

 自分の子供が自律神経系の症状をお持ちの場合
 子供のことが心配で疲労がたまって親がダウンしたとしたら。
 その影響は子供が受けることになります。

 心配で感情が抑えきれずにイライラして爆発してしまったら
 その影響は子供が受けることになります。

 一番大事な子供に、少しでも早く改善してほしい子供に
 更なる負荷をかけることになります。

 こうなると子供の症状は
 更に改善しづらい状況になることもあります。



子供のために無理やり頑張りすぎるとどうなるのか?

 子供のために無理やり頑張る
  ↓
 疲労がたまる
  ↓
 精神的にも肉体的にも余裕がなくなる
  ↓
 それでも子供のために頑張る
  ↓
 倒れる 感情的になる
  ↓
 子供に心配をかける 子供に負荷をかける
  ↓
 子供の体調悪くなるOR改善遅くなる
  ↓
 もっと改善に時間がかかる
  ↓
 悪循環


 こうなると、今の頑張りすぎること自体が
 一番大事な子供に逆に負荷をかけることになります。
 改善を遅らせることになります。
 それは親として本意なのでしょうか?

 そんなわけないですよね。

 誰のために頑張っているのでしょうか?
 子供の為ですよね?
 ですがその頑張りの結果
 一番大事な子供にさらに負荷をかけていることになるんです。

 子供のことを思うなら
 自分の身体を崩すほど頑張ってはいけません。

 子供のことが大事なら
 できる事とできない事をしっかり分けて考えてください。



大事なポイント

 しっかり休むという事。
 「そんなこと言われても子供が心配で休めなません」
 と言われることもあるんですが
 それでもしっかり親が休まないと子供のことも見れません。

 大事な子供のために積極的に休んでください。
 自分に余裕がないと人のことなんてできません。

 しっかり食べて
 しっかり眠り
 しっかり排せつ

 これができれば何とかなります。


それでもなかなか休めない場合

 中には眠りが浅くなっている方も結構いらっしゃるんです。
 こうなると既に簡単に休めなくなっています。

 この場合
 子供の治療も大切ですがご自身の治療が先!

 もちろんそのままの対処の仕方で
 子供が改善しているのであれば問題はないんです。
 でもそうじゃない場合は大問題です。

 少しでも早く子供の症状を改善したいのであれば
 まずは自分が元気になる事を
 自分に余裕のある状態を作ることを
 真剣に考えてみてください。

 
ここで共倒れになるメリットなんて1ミリもありません。
 感情的には自分を無視して子供優先で動きたくなりますが
 親がしっかりとしていなければ子供を守ることはできません。
 なのでまずは自分がしっかり動ける状態を作ってください。


 ここでは分かりやすく子供と親の関係性で書きましたが
 夫婦でも同じです。
 症状を持っているのが親でも同じです。

 まずは周りの人間がしっかり動ける状態を作りましょう。


トライアルキャンペーン実施中 今月末までにご予約いただくと・・・初めての方(約60分)WEB限定2160円OFF 通常10800円(税込)が8640円(税込)(初見料2160円+8640円)
どこに行ったらいいか分からない・・・。そんな方でも大丈夫です!まずは気軽にお電話でご相談ください! ここをタップすると電話がつながります 予約優先制 077−533−1200