森田カイロ公式ブログ

先日大阪で勉強会に参加しました。

自分の感情に向き合うワークを中心とした勉強会に参加したんです。

色々なことをやったんですが

特に印象深かったのが

自分で「昔の家族」の絵を自由に書くワーク。

クレヨンでスケッチブックに。

で、それをそこにいるみんなで再現させるんですね。

書いた本人は描いた家族それぞれの人の場所に入って、

その人になった状態の感情を味わう。そういうワークだったんです。

 

で、ほかの先生の絵を再現してたんですが、

その女性の先生の絵は父と母とその先生と弟。

配役が決まっていく中、

私は当てはまらなかったのか、何も与えられずにいたんですね。

じゃあゆっくり見させてもらおうと思っていたら

その先生が

「じゃあ先生はちょっとお願いがあるんですけど・・・バロンっていう犬がいるんで、それをお願いできますか?」とのこと。

 

よく見ると確かにその絵には下の真ん中に犬が描かれていました。

 

森田晃弘

45才

バロン(犬)

計5回

 

やってみて思ったんですが、これが結構面白かったです。

いい勉強になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です