森田カイロ公式ブログ

他の人と比べることを減らす方法

最近時間のことや脳のこと、意識のことやら感情のこと等、

色々本を読んでいると思うところがあります。

 

1日は24時間です。これ共通です。

その中でどんな行動をするかで、その後が変わるわけですよ。

痩せたいなら、やせる方向性のことを増やせばいいし

筋肉をつけたいなら、筋肉をつけることを増やせばいい。

そうすればもれなく目的に近づけます。

 

自分の状態を上げたいのなら上げることを増やせばいいんですが

ヒトは無意識で動くこと反応することがほとんどです。

潜在意識というものがあるので

潜在意識が「Aに行きたい」と思っていたら

自分的には「Bに行きたい」と思っていても

気付けば「Aに行っちゃってる」ことがほとんどではないでしょうか。

 

という事は潜在意識を何とか変える方法を考えないといけないですよね。

そこでよくできているなと思うのが橋本陽輔先生の「悟る技術」です。

これね。「悟る」とか書いていますけど「仏になる」とかそういう事ではなく

他者や自分自身との意識の上での「差を取る」→「さをとる」→「さとる」

というお話なんです。

 

私たちってよく人と比べるじゃないですか。

しかも自分よりも良さそうな人としか比べない。

なので当然「負けてる感」しか生まれません。

そうやって「自分で作ってしまっている他者との差」を取る。

それが「悟る技術」と言われるもの。

そこで使われる言葉が「感情の周波数」

これは自分の感情の状態を指します。

 

周波数が高いと

比較することが減り、物事をそのまま見やすくなります。

(問題が減りやすい)

 

逆に周波数が低いと

比較する事が増え、うがったものの見かたが増えます。

(問題が増えやすい)

 

で、どっちが良いかと言われれば

当たり前ですが周波数が高い方が良いですよね。

 

そしたら(ここで最初の話に戻ります)

1日24時間の中で周波数を上げることを増やせばいい訳です。

 

そこで周波数を上げる方法の一つに

「ピンクの服を着る」というのがあるんです。

ここだけ言うと

「なにそれ。キモッ・・・」とか言われそうなんですが

これがそうでもないんです。

 

女性ならわかりやすいと思うんですが

おしゃれな服を着た時って気持ちも良いものですよね。

一番好きな服を着た時って気分がいい物なんです。

 

これはどういうことかというと

「見た目が変わることで気持ちが変わる」ということ。

中身は何も変わっていないんですよね。

ですが、見た目が変わると感情が変わっちゃうんです。

 

ということは周波数を上げる服を(上半身)毎日着ておけば

「一日中周波数が上がりやすくなる」ということです。

ちなみに周波数を上げる色は桜色、ピンク或いはパステルカラー以上の色。

周波数を下げる色は黒や茶色などの暗い色。

パジャマ、出勤時、帰宅時、さすがに仕事中は無理があるかもしれませんが

明るい色の服を積極的に来ている間は周波数が上がりやすい訳です。

潜在意識が働いていようとも、周波数を上げ続けることが出来る。

 

これが1日24時間、毎日続けば

必ず感情の周波数が上がった人生になっていくということ。

つまり、

「他の人と比較することが減る人」生になるということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です